2017-12-28

鉛色の空







同じ季節が繰り返され、


一年があっという間に過ぎたとしても。


今年しか味わえないものを、感じたものでした。












記憶も感触も、


思い出しては忘れ、思い出しては忘れ、


いつかオフホワイトになるのかな












新潟の上空は
これから暫く鉛色の空です。








よいおとしを。




2017-11-21









服の隙間から入ってくる


冷たい空気を感じ、朝の身支度が始まります。




背筋に一筋の冷気が、しっかりしなさいよと 鞭を打ってくれるようで。










目をつむって一番最初に見えたものは何ですか?







遅かれ早かれ、"それ"に近付ける日がくるといいですね。





只今まどろんでいますです。



2016-12-31

あふるる。





日が差したかと思いきや、雨や霰が降ったり、


年末にかけて虹をよく見たこの冬真っ只中。







回想してみたり、



立ちずさんでは進み、



限りある時間を常に想い、



気を奮い立たせてみたり、



部屋のお掃除と心の整理。







数々の巡り合わせに感謝して、


良い締めくくりができますように。









来年も全うしていきたいです。






平成二十八年、


関わりを持って下さった数々の皆様、


本当にありがとうございました。








お餅の柔らかさに癒される、


そんな小さなひとつひとつを嚙み締めて


生きてゆこうと思います。









aya

2016-11-21

お知らせ





今年の出店は全て終了致しました。



沢山の皆様にお会い出来たこと。



日々の感謝を忘れずにいたいところです。










植物たちのお蔭で


人との関わりを、深めてくれました。


私一人の力では、こんなに動けなかったでしょう。


こんなに頑張れなかったでしょう。










何個もの植物が旅立ってゆき、


私の手元にはあと少しだけ。





ちょっぴりさびしい気もしますが、



これは嬉しい事なんだ!と。



思うようにしています。










さあ、冬支度です。





全ての植物を室内へと移動しました。





ナメクジがくっついていない事を願うばかり。
















平成28年



良くも悪くも変化の年だったのかなと。




来年は、


少しだけ、幅を広げつつ


幅を狭くしていくつもりです。








まだ締めくくりには早いですが、



また来年、お会い出来る事、



密やかに楽しみにしております。











aya

2016-11-19

2016-11-10

notitle












春の日はぼんやりと夢うつつ。



夏がやってきては沸点に到達し。



そして自分が保てなくなる秋。



さあ冬よ、どうしてくれようか。














aya

2016-11-09

2





おちる汚れは汚れと言わない。





ある人がいいました。












私の中には、



落ちない汚れがあるようです。



片隅に潜んでいるようです。




その、おちない汚れに目を逸らすのはやめましょうか。




知っているから。




口と行動が阿吽ではないことも。
















猫がしばらく住み着いていて、







お互い、いい距離を保ちながら過ごしています。







猫もまだ私を信用していないようだし、






私も、猫アレルギーのせいで触れないし。







この距離のまま、過ごしましょうか。


ねこや。







aya